バイク査定ドットコム

バイク査定をしてもらってからの買取と、下取りとの違いについて調べました。買い替えするかしないかの違いがありますが、どちらが得かを考えた方が良いでしょう。

下取りと買取の違い

バイク査定をする業者では、バイクを買取します!と大々的に宣伝をしています。

バイク買取と、下取りとは違うのでしょうか。

買取というのは、バイクの買い替えなど関係無く、現金化するものです。

下取りというのは、バイクを買い替えることを前提とし、そのバイク屋でバイクを買い取るということです。

バイク査定をして買取してもらうというのは、買い替えもなにもない状態でとにかくそのバイクを現金化するものです。

現在取引されているバイクの市場価格と照らし合わせて、バイク査定をしていきます。

市場価格があるので、大きく変動することもありませんし、場所によって金額が変わるということもありません。

買い替えがない買取の方が、良い値段がつく可能性があります。

下取りは、バイクの買い替えというのがついてきます。

次に買おうとしているバイクによって、お店側が値段の交渉のために使うものと考えて下さい。

バイクや車を買う場合、定価で買うことはほとんどありませんね。

「いくらくらい値引きしてくれますか」というような交渉をします。

その時の状況によって、下取り額は変わるということです。

あまり値引きできないなという場合は下取り額はそれほど高くならないでしょうし、逆に下取り額を多くして少しでも値引きしようとすることもあるでしょう。

ですから、下取り額というのは、一定ではないということです。

その点、買取は市場価格があるものですから、ほぼ一定と言えます。

これが買い取と下取りの違いと言えます。

■バイク査定をする業者を探す⇒バイク王

Theme author: http://thememotive.com. Engine: http://wordpress.org.